ピースボート ボランティア

ピースボートで乱交って真実?世界一周ボランティアスタッフの自分探し

最新記事

ピースボート乗客が大麻密輸入で逮捕

ピース(平和)と大麻を結びつけるな

ピースボート関連の残念なニュースがありましたね。
10月28日配信のニュースなのですが、
第80回クルーズ横浜帰港の際、乗客の1人が乾燥大麻を
所持していたとして、逮捕されたとのこと。
» この記事の続きを読む


ピースボート第81回訪問国 ブラジル(リオデジャネイロ)

日本の裏側の国 ブラジルへ

第81回ピースボートクルーズも、中盤にさしかかりました。
前回の訪問国、アフリカのナミビアから、船に揺られること
実に10日間!
この区間はとても長い旅になるので、船内企画に参加したり、
乗船者の方たちと交流を深めるチャンスですね。

さて、ピースボートはついに南米大陸へとやってきます。
» この記事の続きを読む


ボランティア説明会に行ってきました

正確には旅行説明会ですが

ボランティアスタッフ説明会に行ってきました。
正確には旅行説明会に行ったのですが、ここでもボランティア
スタッフの登録ができるとのことで、急遽変更しました。
(ボランティア説明会の会場が遠方だったので)

しかし、さすがは旅行説明会。 » この記事の続きを読む


第81回クルーズ訪問国紹介 ウォルビスベイ(ナミビア)

世界最古の砂漠「ナミブ砂漠」がある国

寄港地であるウォルビスベイは、アフリカ南西部のナミビア共和国
にあります。

ナミビアは乾季と雨季がわかれていて、ちょうど寄航するのは
小雨季と大雨季の間です。

海岸付近は、北上するベンゲラ海流が乾燥と低温をもたらす
ため、厳しい自然環境だといえます。
ナミブ砂漠は » この記事の続きを読む


第81回クルーズ訪問国紹介 ケープタウン(南アフリカ)

大航海時代、最も難所だった海域

15世紀のヨーロッパ。多くの冒険者達が、まだ見ぬ大陸を求めて
大航海に乗り出しました。

その中でも、ヨーロッパ~インドへの航路を発見したことで有名な
人物がバスコ・ダ・ガマです。

彼が通ったルートは、 » この記事の続きを読む


1 2 3 5
リンク
管理人

ピースボートアバター

HN:時の旅人

サイト内検索
目次
サンプル
ツイッター
トレイダーズ証券